2011年04月20日

産業用・小型無線LANモジュール「Armadillo-WLAN」が Windows Embedded Compact 7に対応

株式会社アットマークテクノ、コードギア株式会社、弊社は、小型無線LANモジュール「Armadillo-WLAN(アルマジロ・ダブリュラン)」に対応した、Windows Embedded Compact 7用無線LANドライバの提供を開始します。2011年5月10日より、コードギア社開発の無線LANドライバおよび、同ドライバに対応した、弊社開発のBSPの評価版が無償公開される予定です。

「Armadillo-WLAN」は、「BW9490(ローム株式会社製)」搭載・IEEE802.11b/g対応の組み込み産業機器向け小型無線LANモジュールです。ARM9搭載の省電力CPUボード「Armadillo-440」(アットマークテクノ社製)と組み合わせ、無線LAN対応の組み込み機器のプラットフォームとして利用できます。ともに1台から購入可能で、多品種少量生産の産業用組み込み機器にも最適です。 Armadillo-440は、弊社が提供する専用BSP「Lilas(リラ)」によって、Windows Embedded Compact 7を動作させることが可能です。また、コードギア社が開発した無線LANドライバを利用することで、Windows Embedded Compact 7を搭載した無線LAN対応機器を実現できます。
詳細については、以下のプレスリリースをご覧下さい:

http://www.atmark-techno.com/news/press-releases/20110420_wlandriver


Something Precious, Inc.