2009年07月07日

Armadillo-500 用 Windows Embedded CE 6.0 BSP の無償版を公開

このたび弊社では、株式会社アットマークテクノ(本社:札幌市)製の「Armadillo-500 開発セット」用に、自社開発した Windows Embedded CE 6.0 BSP (Board Support Package) の無償版を公開しました。この無償版は、弊社 Web サイトのダウンロードページからダウンロードして頂けます:

http://www.stprec.co.jp/downloads/lilas-am500-6.html

Armadillo-500 開発セットは、Freescale 社の i.MX31/i.MX31L プロセッサ(ARM11 コア)を搭載した CPU モジュールと、豊富なI/O ポートを搭載したベースボードのセットです。

このたび公開した無償版の BSP(製品名:Lilas-am500-6 Basic Version) は、Armadillo-500 に接続可能な周辺機器のうち、一部のみに対応した、機能限定版です。従って、Armadillo-500 の全ての機能を利用することは、できません。とはいえ、Armadillo-500 開発セットをお持ちで、これから Windows Embedded CE 6.0 を評価してみたいとお考えになっているお客様にとって、追加のコストなしで利用できる無償版の BSP は、お役に立てるものだと弊社では考えています。


Something Precious, Inc.